FC2ブログ

表情の歪み、口が左右対象に動かない

鍼のこと
03 /30 2020
もともと、ひどい偏頭痛の治療で鍼を始めてくださったTさんですが、偏頭痛はかなりよくなって、今はメンテナンスのために通ってくださっています。

ある時、思い出したように、
「合唱に通ってるのですが、顔の右側がうまく動かなくって困ってるんですけど鍼でなんとかなりませんか?」
と聞いてくださいました。

よく聞いてみると、歌う時に、「お」という音を発生する時に口の右側がうまく動かないそうです。

かなり前からということなので、効くかどうかわからないけどやってみましょうということになりました。
大抵の症状は、発症してからできるだけ早く治療を行うと早く治るんです。これが何十年も経ってるとてこずることが多いので、やってみないと分かりません。

治療は顔面神経麻痺に近い鍼をします。皮膚の裏側に沿って平行に鍼を入れたり、場所によっては垂直に刺したりとある程度本数を使います。僕は北京で鍼の勉強をさせてもらっていた時に、麻痺の治療はかなりこなしてるので苦手意識はありません。北京って寒くて風が冷たいので顔面の麻痺を患う方がかなり多いんですね。
向こうでは鍼をかなり刺して、棒状のお灸で温めるという治療をよくやってました。

治療を終えて、帰っていただいて、次回来てくださった時にどうだったか聞いてみたら、
すごく嬉しそうに
「口の右側が動いてちゃんと歌えたんです!」
と嬉しそうに報告してくださいました。

発症してからかなり期間が経ってるのでどうかなと思ってたのですが、うまくいってよかったです。

顔の左右の筋肉が同じように動かなくて、気にしておられる方って割とおられるのですが、鍼がかなり効く場合があります。顔に鍼をするのってちょっと怖そうですが、意外と大丈夫ですよ。

コメント

非公開コメント

ODEON

滋賀県の南草津で
はり・リラクセーション ODEON
というお店をやっています。