1973年のピンボール

もともと本は好きだったけど、これまで最も繰り返して読んだ本といえば、村上春樹氏の「1973年のピンボール」

中国で勉強していた時、日本語の手持ちの本がこれしかない時があって、仕方なくというか、最後まで読んだらまた最初から読むといった感じで飽きずに読んでました。

この本に出てくる「スペースシップ」というピンボールを、実際に村上氏が所有していたという事を、村上朝日堂はいほーを読んで初めて知りました。
これはちょっとした感激。

ここからは引用です。

僕はその当時小説を書きながら店を経営していて、最初はこの機械を店に置いていた。といっても客には触らせるわけではない。客になんか触らせない。仕事が終わると、僕が自分で酒を飲みながらプレイするだけである。午前一時のナイトキャップ・ピンボール。

とまだまだ続くのですがこのくだりが実によいんです。

村上朝日堂シリーズは何冊も出ていて、僕は読んだのと読んでないのがあるということに気がつきました。このハイホーは読んでない。ということでとても楽しんでいます。

村上朝日堂シリーズは定期的に鍼に来てくださっていたお客さんのkさんに教えていただきました。
過去形なのはkさんは海外に留学しちゃったから。

僕は鍼師として誇りをもって治療させていただくのはもちろんですが、治療中のちょっとした雑談で皆さんからいろいろヒントを得ることできて感謝しています。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

村上さんは愛読書ですわ

こんにちは。
村上春樹さんの本はエッセイを含めてほぼ全作品読んでます。

村上さんの初期の作品の空気感といいますか、なんか好きですね。

でも私は一回通読したきりなので、たけし先生ほどに、共感するほどにはまってないのかもしれません。

うちの実家の町に老夫婦が経営してる喫茶店があるのですが、そこにピンホールマシンがあります。

お店の装飾も古き良きアメリカ風です。

伊勢市の松下神社と道の駅のすぐ前にあるパインというお店です。また伊勢志摩観光の際に機会がありましたらぜひ。

筋トレの効果があったのか、年末にむちむちの女の子を授かりました。
参考がてらにたけし先生の娘ちゃんの成長をブログで拝見するのも楽しみにしてますので、よろしくお願いします!

りえちゃん

りえちゃんってあのりえちゃんだよね。

心配してたよー!!

女の子授かったんだね!!
びっくりしたよー!!
よかったよかった!!
ほんと嬉しい。
ほんとおめでとう!!
プロフィール

ODEON

Author:ODEON
滋賀県の南草津で
はり・リラクセーション ODEON
というお店をやっています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク