FC2ブログ

2015/05/21

○ フォーカス15

久しぶりにヘミシンクのことなど。
最近はwave 5のフォーカス15の探求を気に入って聞いています。
これまでの最もお気に入りのcdは体外への旅だったのですが、せっかくゲートウェイシリーズがフルセットあるのでそっちも聞いてみようと思いまして。

僕が一番聞き込んだのが体外への旅のcdなのですが、多分そっちの方で脳の中に回路が出来ているようで、フォーカス15の探求を聞いていていも体外離脱をしてしまう事もあります。これはこれで非常に楽しい。

もともと鍼の感覚をより鍛えたいと思って始めたヘミシンクですが、まだそっちへの効果はさっぱり分かりません。しかし、朝晩(休日家にいる時は昼間も)聞いていると、それなりに面白い体験が出来るようになって来ました。

ヘミシンクを聞き始めるまでは、睡眠=休息で眠って疲れを取るものだったのですが、ヘミシンクを始めてからは、夜から朝の時間が一つの楽しみになってきています。
起きている間も楽しいけど、寝ている間(半覚醒?)の時間も非常に楽しい。

ゲートウェイシリーズでは、毎回エナジーコンバージョンボックス(エネルギー変換箱)というのに、自分のネガティブなエネルギーや心配事を入れる作業をするのですが、これが非常に精神を安定させるのに役立っているなぁと感じています。

そしてこれはまだはっきりとは分からないのですが、僕の場合は、心配事を入れ続ける事によって心配事の原因自体が消失しつつあります。具体的にはここに書く事が出来ないのですが、びっくりするくらい物事が好転した事がいくつかありました。

これも多分なのですが、半覚醒状態(夢うつつ)の状態では潜在意識に強力に働きかける事が出来るようで、園状態のときに、心配事の象徴をエナジーコンバージョンボックスに入れる事で現実世界にも強力に作用してそうな感じがしています。



スポンサーサイト

2014/11/26

○ 久しぶりに体外離脱のことなど

最近、あまり書いていませんでしたが、地道に体外離脱の練習は続けています。練習と行ってもヘッドフォンでヘミシンクを聞きながら横たわっているだけですが、すっかり習慣になっています。

詳細な記録をつけ始めたのが2010年の4月1日。それまでに、モンロー研究所へ行く前に一度、そしてモンロー研究所で何度か体験してはいるのですが、それは記録をつけていないためカウントしていません。
そしてようやく今日で100回を超えました。うれしいぞ。

2012年が年間で18回
2013年が31回
2014年11月26日の時点で48回とほんの少しずつですが成功率があがってきています。

今の時点でわかっているコツとしては、

1 自分の体のコンディションを整える。

2 雑念をコントロールする。

3 時間帯は朝がよい

の3つです。

まずは1の自分の体のコンディションについてですが、ヘミシンク中は微動だにしない方がうまく行きます。ところがじっと上向けで寝ていると、腰が痛くなってきたり寝返りがうちたくなってきます。このためにはマッケンジー体操やストレッチをやることによってずいぶんと長時間快適に横たわれるようになりました。
もちろんマットレスも重要です。今のところマニフレックスのマットレスを毎日布団乾燥機にかけていますが、とても快適です。象印の布団乾燥機は手軽で最高(笑)

そして2の雑念をコントロール。ヘミシンクのすばらしいところは聞いている間に勝手に脳波を必要な周波数に誘導してくれるのですが、それでも雑念がわいてくることがあります。そして雑念が次から次へとわいてくる状態のときはまず成功しません。これは今年からチャレンジしているのですが、ヘミシンクの音声を聞きながら、ピパッサナー瞑想の呼吸に集中する方法を行うことで成功率がぐっと上がりました。マントラを唱える方法なども試してみたのですが、呼吸に集中する方法が今のところベストです。

そして時間帯。これはもう圧倒的に朝がいいです。一応夜もチャレンジはしているのですが、夜はどうしても寝ちゃうので、ほとんど成功しません。うまく行くときは殆んど朝、そしてたまに休日の昼間です。
そして朝ですが、起床予定時間の70分〜100分くらい前から行うのが調子がいいです。このときに眠すぎると寝ちゃいますし、覚醒しすぎていてもうまく行きません。眠すぎるときは、少し本などを読むなどして若干覚醒してから行うとよいようです。

と今はこんな感じです。
体外離脱のはなしは、へんな人と思われるので、まぁ変な人だけど(笑)あまり書きたくはないのですが、楽しみにしてくださっている方もいてくださるので、時々は書いていきたいと思います。
























2014/04/28



「マッキントッシュ・ハイ」の山川健一さんがヘミシンクについて書いた本。
ヘミシンクトレーナーが書いた本と違ってゆるい感じが心地いい。
なんてったってこの人はiMacのフラワーパワーというデザインのが出たときに、あれはLSDやったときに見るイメージだと言ってた人なのだ。


じつは、ガイドと接触してもずっと避けてきたことを、僕は初めて聞いたのだった。人生の目的とか、何だか宗教臭くて嫌だなと思っていたのだ。僕はハイになりたいだけで、人生のことを教えてほしいと思ってるワケじゃないんだよな、と



わかるなぁ、その感じ。

「愛について学ぶ事が目的だよ」ほら、ほら、きたきた、そういうの本当にいやなんだよなと思う。想定の範囲内という感じである。



精神医学の世界ではね、妖精を見たって言うと「ああ、あっちの世界に行ってしまった方ですね」ってことになっちゃうから」 ま、たしかにきわどい話ではあろう。だが、僕にとってヘミシンク体験があまりにもリアルなのも事実であり、ここは冷静に妄想なのか現実なのかを考えてみたいと思うのだ



山川健一氏のように、LSDやマジックマッシュルームを使わなくっても、ヘミシンクでハイになれるからいいや、というスタンスでヘミシンクを使うのもありだと思いますな。

○ コーヒーと禁断症状

思い立って日々のコーヒー断ちしてみたら、強烈な禁断症状に襲われました。死ぬかと思った(笑)
具体的には強烈な頭痛と発熱。急激な発熱はインフルエンザにかかったと勘違いしたくらい。
毎回、コーヒー断ちをしてみたら禁断症状に襲われるわけですが、最近お酒もほとんど飲まなくなったので懲りずにコーヒーもやめてみようと目論んでいます。
アンドルー・ワイル博士のナチュラルメディスンという書籍によると、たとえ一日一杯のコーヒーでも影響を受ける人は受けるらしい。そして僕はもろに影響を受けるタイプ。
いつもコーヒー断ちをすると、我慢してるー、という感じがあるのですが、今回はタンポポコーヒーという強力な代替品があるのでうまくいくかもしれません。
タンポポコーヒーとは、コーヒーと名前にはついているけど、まったく別物です。飲んでみると味は違うけど不思議な満足感があるのです。やめられるかな?やめられるといいなぁ。







2014/03/06



 モンロー研究所にも行ったし、ヘミシンク関連の本も沢山読んできたので、ゲートウェイ・エクスペリエンスのガイドブックは基本すぎていいなかぁと今まで手を出してこなかったんですが、読んでみると非常にいいです。もっと早く読んでおけばよかった。基本って大事ですね。ゲートウェイシリーズを練習するには必携だと思います。

 体外離脱、引き続き練習しています。昨年9月くらいから今年の2月くらいまでは、オープニング・ザ・ハート





インサイトCD



ドリームウォーク



や同じImmrama Institute が出しているインフィニティプログラムなどいろいろ試していました。

それぞれ、体外離脱用のCDとはまた違う、はっきりとした効果があって楽しんでいたのですが、体外離脱の成功回数が明らかに減ってきたので、最近はまた集中して体外への旅



を聞いています。ここのところ割と調子がよくて、少し成功の割合が上がってきました。
僕の悪いくせで、少し出来るようになってくるとすぐに次にすすんじゃったりしてしまうのですが、安定して体外離脱が出来るようになるまでは体外への旅で練習していくつもりです。

ヘミシンクの練習を積んでいくと、知覚が向上し、直感力が増してくるそうなので、それが鍼に活かせればいいなぁと考えていますが、そちらのほうはまだよく分かりません。若干、身体の発する微細な情報をキャッチしやすくなったかなぁという気がしないでもないですが、最近、家ではほとんどお酒を飲まなくなったのでそれは多分そちらの方の効果だと思います。

いずれにせよ、身体の微細な情報をキャッチするトレーニングも長いことやってやっと効果が出てきたので、ヘミシンクでのトレーニングも気長にやっていくつもりです。


○ グリーンスムージー

 冷凍しておいた小松菜を間違えて冷凍庫ではなく野菜室へ戻してしまったら、気がついたときには異臭を放っていました。匂いをかぐとまるっきり漬け物の匂いです。さて、これは腐ったのだろうか、それとも発酵してしまったのだろうか、そもそも腐るのと発酵するのは違うのだろうか。匂いが漬け物なら、漬け物として食べることも出来そうなので食べてみようかなぁと思ったけど迷った末やめておきました。もったいなかったのかな。最近、野菜を多く買っちゃったときは、分割してラップで保存という技を覚えたのですが、時々こういう失敗をしてしまいます。

○ ブルーレイレコーダ修理



 最近、今ひとつ調子がよくなくて修理を手配。電話した翌日、もう家まで来てくれました。すごいぞ東芝。
テレビのhddからブルーレイに移すときや初期化するときに時々エラーで失敗するのですが、修理に来てくださったときは快調で、一度もエラーが出ません。まぁこういうものです。それでも念のため新品に交換しましょう、ということになりました。それは助かる。修理の方が機械をさわっているあいだ、うちのにゃんこが修理の方に甘えて甘えてとても作業しづらそうでした。まったく誰でもいいんかい、という感じです。誰かが持って帰ったら、即日その家のにゃんこになってしまうのは間違いありません。

2014/01/12



最近こればかり聴いています。一番のお気に入り。
テーマが「愛」なので、しらふで聴くには気恥ずかしいナレーションがふんだんに入っているのですが、まどろんで聴く分にはとても心地いい。

毎日鍼するのに、自分の感情が安定していることがとっても大事で、自分の感情が安定していていないと集中できません。
心がささくれ立っている状態ではよい鍼が出来ないのでこういうCDや瞑想が役立ってくれます。

ヴィパッサナー瞑想には、「慈悲の瞑想」というのがあります。

慈悲の瞑想

私は幸せでありますように
私の悩み苦しみがなくなりますように
私の願いごとが叶えられますように
私に悟りの光が現れますように
私は幸せでありますように

私の親しい人々が幸せでありますように
私の親しい人々の悩み苦しみがなくなりますように
私の親しい人々の願いごとが叶えられますように
私の親しい人々にも悟りの光が現れますように
私の親しい人々が幸せでありますように

生きとし生けるものが幸せでありますように
生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように
生きとし生けるものの願いごとが叶えられますように
生きとし生けるものにも悟りの光が現れますように
生きとし生けるものが幸せでありますように

私の嫌いな人々も幸せでありますように
私の嫌いな人々の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々の願いごとが叶えられますように
私の嫌いな人々にも悟りの光が現れますように

私を嫌っている人々も幸せでありますように
私を嫌っている人々の悩み苦しみがなくなりますように
私を嫌っている人々の願いごとが叶えられますように
私を嫌っている人々にも悟りの光が現れますように

僕は若干アレンジしたのを毎朝、外を掃くときに心の中で唱えるようにしています。

これ、順番にも意味があって、まず自分が最初。自分が満たされないと次に行けないわけです。
そして親しい人や家族、余裕が出てきたら嫌いな人、そして自分の事を嫌っている人。
嫌いな人、自分の事を嫌っている人の幸せを願うのは難しいけれど、これが抵抗なく出来るようになってくると色んな事がものすごく楽になりますよ。

2014/01/03

今朝はオープニング・ザ・ハート



のトラック4を聞きました。

ナレーションが入っていない方が好きなのでこのトラック4がお気に入りなのです。

レゾナントチューンイング(んー、んー、って実際に声をだすやつ)が終わると、すぐに場所が変わって、巨大な教会の中にいました。興味津々であたりをゆっくりと散策します。しばらく歩いていると端の方に低めのテーブルがあって、そこに飲みかけのお茶やなんだかよく分からない食べかけの食べ物がお皿の上に載っています。
近くにいた係員らしい人に、

「ここで何か作業されてる人がいるんですか?」

って聞いてみるとその人は

「ここは根気よく作業をする場所なのですよ」

と言って僕を見ました。なんだか、あなたもやってみる?って言われてるようだったけど
いや、僕はちょっと無理ですって思いながらその場所をそそくさと離れました。

そんなことをしているうちに今日のヘミシンクは終了

ヘミシンクで散策する感覚と体外離脱で体験する感覚は全然別物なのだけれど
ヘミシンクでの探索も面白いのです。

こういうヘミシンクみたいなあやしげなものはパートナーの理解が絶対必要で、
Yahoo!知恵袋で
夫がヘミシンクのCDを面白がって聴いているのですが大丈夫なのでしょうか
なんて奥さんが心配して相談したりするのを見たりするとうちはありがたいなぁと思います。

最初は少し怪しんでたのだけれどヘミシンクを聴いている方が明らかに僕のご機嫌度が上がるのをで
(瞑想状態を長時間保てるので当然といえば当然なんだけれど)
今はヘミシンクは危険なものではないと理解してくれています。



2014/01/01

あけましておめでとうございます。

元旦は思いがけず体調を崩し発熱してダウン。
初詣に行った後は起きられず寝てました。

ただ寝てるだけでは悔しいので、始めてオープニング・ザ・ハート



を通して聞きました。これ1トラックが長いのでいつも部分的にしか聞けなかったのです。
通しで聞くとよいですよ。とても幸せな気分になれます。

今回特によかったのがトラック3で過去の対人関係で受けた傷を少し癒やせたこと。
自分的にはすっかり解決していたつもりだったのだけれど無意識下ではまだ残っていたようです。

体調を崩さなければオープニング・ザ・ハートは通して聞くことなどなかったと思うのでよい一年の始まりだったのかも。
夜にはかなり体調も復活してきました。ほっ。

今年もよろしくお願いします。

プロフィール

ODEON

Author:ODEON
滋賀県の南草津で
はり・リラクセーション ODEON
というお店をやっています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク