2017/10/09

○ ヨガについて

今日鍼に来てくださったkさんとヨガの話になりました。

鍼とヨガは相性抜群で、ヨガでゆるめられないところを鍼でゆるめることができますし、鍼で無理なところをヨガでゆるめることができます。

身体というのはどうしても意識して筋肉のストレッチをしていってあげないと、徐々にかたくなり反応が鈍くなっていきます。楽しく生きて行くためにはヨガ(またはストレッチ)は必須ですよ。

と偉そうなことを言いながら、僕もつい最近までストレッチはとても苦手でした。
その分筋トレを頑張ってやってきたので、筋肉である程度からだの固さはカバーできていたので困ることはなかったのですが、やっぱりそろそろきちんとヨガをやっていかなくちゃなぁと考えていました。

それでお手軽にDVDでやってみようということで、最初に買ったのがこれ。



これ、すごくいいんです。なんといっても、吹き替えの声がいい(笑)いやほんとうに。
声で結構癒されて頑張ろうという気になります。

しばらく毎日毎日、最初のステージをやっていたら、最初できなかったポーズもできるようになってきました。
僕はストレッチ系はこれまで続いたことがないので、おそらく人生で初めて効果を実感した瞬間です。

ただしこのDVD、内容も吹き替えの声もとてもよいのですが、パワーヨガなので結構きついんです。
最初は、筋トレとストレッチ、両方兼ねてるしちょうどよいや、くらいに思っていたのですが、筋トレはウエイトトレーニングやっているしヨガでもやる必要ないかなぁと。


それで今やっているのがこれ。



インヨガというものです。これは通常のヨガよりも一つのポーズに長く時間をかけていくので、ポーズ中にやわらかくなっていくのをしっかりと実感できますし、何よりきつくない。そして超初心者用。(それでもできないポーズもあるけど。)

インヨガは、鍼に来てくださっているYご夫妻に紹介してもらって、京都の鵜飼さんという方がされているスタジオでやったことがあるのですが、それがすごくよかったのです。

で、このDVDが今、超お気に入りです。内容もよいのですが、これもナレーションの内容と声がよいのです。
やっててリラックスしますしなにより心がぽわんとあたたかくなります。

これを仕事のある土曜日から水曜日までの5日間、一チャプターずつやっていっています。

ちょっと前に寝るときに下にする方の肩にたまに違和感を感じることがあったので、そろそろ僕も50肩というやつがきたかな?と思ってたら、ヨガをやっているうちにきれいに違和感は消えました。
効果も感じているし、無理なく続けていけそうなので、しばらくはインヨガをやってみることにします。





スポンサーサイト

デッドリフトで痩せる

kさんは今年に入ってからダンベルを買ってトレーニングを始められたのですが、ひたすらデッドリフトをやっていたそうです。

理由は重量を変えるのが面倒だから(笑)

自宅でダンベルでトレーニングを行う場合の弱点としてプレートを変えるのが面倒というのがあります。
鍛える部位によって筋力が違うのでそれに合わせて重量は変えた方がよいのです。
それが面倒な場合は2セットか3セット買ってしまうというのもアリですね。

ただし効果は僕がびっくりしたくらいで、もともとぽっちゃりとされていたkさんは見事に痩せました。

落ちにくいお腹周りもすっきりして見た目がものすごく若くなっています。
ぽっちゃりとしていた人が痩せると若返るんですねー。

食事制限で体重を落とすとやつれて見えることがあるのですが、筋トレで落とすと若く見えます。

「先生、着るの諦めていた服が着られるようになったんですよ」

と嬉しそうに報告してくださいました。


本当はスクワット、デッドリフト、ダンベルベンチプレス(ビック3ですね)の効率のいいトレーニングを組み合わせて行ってもらうのが理想なのですが、kさんみたいにデッドリフトだけやりこんでこれだけ効果があるならこれもありだなぁと思いました。

ただ注意しないといけないのは、kさんの場合、もともと筋肉がつきやすくて体幹が強いのでデッドリフトだけかなりやり込んでも大丈夫だったのですが、もともとの筋力があまりない人はマネをすると腰をいためる可能性があります。

このあたりの加減は本当に難しい。その方がどれくらいの強さを持っているか、そして日常や仕事でどれだけ身体に負担をかけているかは、話を聞いたり鍼をさせてもらっただけでは全部はわかりません。

やはりカラダの声をしっかりと聞いてもらうながらトレーニングをしてもらう必要がありますね。

今回は、一種目やりこむだけでわずか3ヶ月ちょっとでこれだけ効果があるんだなぁということを目の当たりにしました。
デッドリフトは全身運動なので効率がよいんですよね。
でも理想は3種目全部やったほうがよいですよ。

ここのところこれまで筋トレ絶対嫌だと言っていた人も徐々にやってくださるようになってきました。
もちろん僕も一緒に楽しんでトレーニングをやっています。
少々のことではビクともしないタフな身体を皆で作って行きましょうね。
タフなカラダは自信につながりますよ。


2017/03/18

◯ BCAAがお気に入り

休日はいつも通りジムに行ってました。
僕はそれなりに鍛えてきたのでそこそこ筋肉質だと思っていたのですが、今行っているところは周りがすごすぎてその中に入るとまるで生まれたての子鹿ちゃんのようです。わずかな自尊心が根こそぎ消失してしまいます(笑)頑張って鍛えなくちゃですね。

これまではトレーニングの後半は結構バテて集中力を保つのが難しかったのですが、トレーナーにすすめられてトレーニング中にBCAAを摂取するようになってから後半バテなくなりました。BCAAは粉末なのでボトルに入れてたのを振ってとかしたのを持ち歩きながらトレーニングしています。

このBCAAですが、実は脳の疲労を回復させたり集中力を増す効果があることがわかっています。
最近は仕事の後半に疲れを感じてきたら摂取するようにしているのですが、効果をはっきりと体感することができるので気に入っています。

必要な栄養素は食事から摂取するのが理想ですが、なかなかそれが難しいのです。明らかに足らないものがはっきりとわかっている場合はサプリメントを補助的に使っていくのはよさそうですね。


さて、今日は鍼に来てくださっている方のお母様に筋トレの話をさせてもらうことになっています。

娘さんの方が鍼に来てくださっているのですが、筋肉がなくて弱っていくお母様を見るにみかねて筋トレをすすめているのだけれど全然やってくれなくて、先生なんとかやる気になるように話してくださいませんか?という流れです。

人には自尊心と自由意志というものがあるので、やる気のない人に何かをやってもらうのは非常に難しい。
ただメリットを説明させてもらうことくらいはできるのでもしその気になってもらえたらいいかなという感じでやってみようと思います。

2017/02/18

○ 筋トレと食事

今週もジムに行って筋トレについて基礎から教えてもらってきました。何かを学ぶときはそうですが、一旦自分の知識は白紙にしてとりあえず教えてもらったことを忠実にやってみることが大事ですね。
今回は日々の食事についてカウンセリングを受けてきました。筋肉をつけて行く時期は、たんぱく質をとにかく切らさないようにすることが大事だそうです。

僕はこれまでいろいろ思考錯誤して、朝はコーヒーだけ、昼は食べずに夜ご飯をしっかり食べる、という食生活で通してきました。集中して仕事をしていきたい場合これが一番調子が良かったからです。

ただ今年は一回り筋力を上げていきたいので、徐々にタンパク質の摂取量を増やしていきたいと思っています。
ただし、これは過去にも経験があるのですが、たんぱく質の摂取量を増やしすぎると体が重く感じられて集中力が切れがちになります。タンパク質というのは実は消化に負担がかかかるので、そのぶんエネルギーを取られるのですね。
なのでまずは組んでもらったプログラム通りにタンパク質を摂取して、あとで微調整をやっていきたいと思います。
プロテインいっぱい飲まなきゃいけないんです。トレーニング直後はもちろんですが、3食の食事の間に2回も(笑)


○ 脳と瞑想



瞑想を実践されている脳外科医の篠浦先生と瞑想指導者のブラユキナラテボーさんの対談。

面白かったです。篠浦先生は、瞑想を実践しているといっても通勤電車中ちょこっとやっておられるくらいなのですが、それまではアルコール依存症気味だったのが、アルコールに頼らなくてもすむようになられたそうです。
そんなにがっつり瞑想なんてできそうにない、なんて方は読んでみてください。よいですよ。

2017/01/12

◯ 習慣化のためのハードルを下げること


大阪からご夫婦で通ってくださっているnさんご夫妻が来てくださった時に、鍼の前に一緒に筋トレをしました。
そしてお二人ともダンベルを買う気満々になってくださいました。

面白かったのが、奥さんの方が、自分のとご主人のと2セット買います、と言ってるのにたいして、
ご主人がお重りを付け替えられるから一セットでいいんと違う?との反応。
それに対して、奥さんの方が、

「重りを付け替える手間があると続かないから最初から2セット買う。」

ときっぱり(笑)

さすがだなぁと思ったのですが、こちらのご夫婦で、習慣化が得意なのは明らかに奥さんの方で、ご主人はどちらかというと長続きしない。
奥さんの方は習慣化したい目的のために少しでも手間を省く工夫をすることが長続きするコツだと知っておられます。
この場合の手間というのはダンベルの重りを交換するということですね。

筋トレの最大の課題は習慣化にあります。

どんなに激しくトレーニングをしたとしても一回だけでは絶対に筋肉はつきません。
反復して鍛えていく必要があります。
僕は筋肉があって体型を維持している人を尊敬しているのですが、
それは

筋肉を維持できている=習慣化ができる人

だからです。

もし習慣化自体がこれまでうまくいっていない場合は、筋トレで、筋肉がついていろんなことが楽になってきた体重が落ちてきたりするのはもちろんですが、習慣化も身に付けることができたことになります。
もしかしたらこちらの方が大きいかもしれませんね。




◯ トレーニングジムとの併用

Yさんはトレーニングジムにも通われているのですが、オデオンにトレーニング環境が整ってとても喜んでくださっています。というのは大きな筋肉から鍛えていくほうが効率がいいのですが、トレーニングジムのバーベルの置いてあるところは、ごつい男性メインで女性がちょっと入っていきづらいらしいのです(笑)それでも頑張ってバーベルのところまでたどり着いたそうなのですが、ジムのバーベルシャフトはオリンピックシャフトといって重さが20キロももあるので、重すぎてどうにもならなかったそうです。
オデオンに置いてあるシャフトは28mmの10キロのタイプなので、ジムでのバーベルは諦めて、ジムではそれ以外の運動をして、鍼の時に早めにきて、バーベルを使ったトレーニングをされることになりました。
パワーラックの設置には随分と迷ったのですが、ジムに通われておられる方もそうでないかたも喜んでくださっているので、思い切って設置してよかったなぁと思っています。

2017/01/09

◯ ハードルを下げるということ

バーベルやダンベルを購入してトレーニングを始めてくださる方が増えてきました。嬉しい限りです。
鍼の時にフォームのチェックをさせてもらってます。

重りを変えるのが結構たいへんですよね?

とご質問をいただきました。
そうなんです。大変なんです。

筋トレにかぎらず何か習慣化したい場合にそれに取り組むハードルをできる限り下げることが成功のコツです。
ダンベルやバーベルを使ったトレーニングの場合、そのハードルはこの重りを変える動作ということになりますね。
すでに他のことで習慣化を成功されているyさんはここに気がつきました。さすがです。

常に最適な重量がセットされていてすぐにトレーニングを始められる状態と、重りを交換してからトレーニングを始めなければならない場合とでは、前者の方が続く可能性がずっと高くなります。
重りを変える時間ってわずか30秒にも満たないのですが、これがすごく影響します。

こういう話をさせてもらうと、すごく納得してくれる人と、全然納得してくれない人がいるのですが(笑)納得してくれる人は他にも習慣化の経験があります。逆に全然ピンとこない人はおそらく習慣化に一度も成功していない。

とにかく手間を減らすことが習慣化成功の確率を上げるんですね。

さて、ダンベルとバーベルの重りを変えるのが大変に対しての解決法はなんしょうか?

必要なだけの重りを買い足して、ダンベルにもバーベルにも常に最適な重量にしておく、が答えです。

重りの変更以外にもハードルを下げられることはたくさんあります。
工夫してやっていくと楽しいですよ。


2016/12/19

◯ 3点セット

hさんのところはご夫婦と娘さんとの3人で鍼に来ていただいています。
それぞれ鍼に来ていただいた時に効果的な筋トレを試していただきました。

昨日はご主人が鍼に来てくださる番だったのですが、

「筋トレの器具買いました」

と嬉しそうに言ってくだいました。
なんとバーベル、ダンベル、トレーニングベンチを揃えてくださったとのことです。

その3点んセットがあれば完璧です。
必要なトレーニングは無理なく全てやっていただくことができます。

ダンベルとバーベルを使ったトレーニングはとても効率がよいのですが、少しコツがいります。
そのコツをつかんでいただくまでは鍼に来ていただいた時に少しずつ練習していただくことになります。

いきなり全部覚えるのは無理です。そしてその必要もありません。
あせらずじっくりやっていきましょうね。

2016/12/16



時には無礼な人に出くわしてなんだかなぁと思うことがあります。
そんな時に怒りの感情を押さえ込んではいけない、発散させてもいけない、ではどうすればいいの?
という時にこの本の登場です。
効果的な具体的な対処法がわかりやすく書かれています。

この本は2001年にアメリカで出版されベストセラーになっています。
著者のティク・ナット・ハン氏はグーグル社でセミナーもされてますね。

怒りの感情は体を傷つけ自律神経を弱めてしまいます。
怒りに対しての上手に対処することがそのまま幸福度を上げていくことにつながっていきそうですよ。

2016/12/07

◯ バーベル買って筋トレはじめました。

今日はりに来てくださったkさんは、前回のはりの時に筋トレの説明を聞いてから、バーベルを買ってトレーニングを始められたそうです。

なんと素晴らしい!!

kさんはかなり腰に負担がかかるお仕事をされているのもあって慢性の腰痛持ちだったのですが、トレーニングを始めてから腰の状態がいいそうです。

筋トレって筋肉をつけるのが目的なのですが、腰痛や肩凝りがある場合トレーニング自体が症状を軽減してくれる効果があるんです。


鍼はたしかに根本治療になります。痛みの治療にも有効です。だけれどもともとの筋肉がない場合は限界があるんですね。必要量の筋肉がない場合はつけていくしかない。

お仕事のハードさに対して、筋肉があまりにも少ないkさんの今後が心配でした。だけど筋トレを始めてくださったのでその心配はなくなりました。これから先は明るい未来が待ってますよ。

2016/12/06

◯ ダンベル バーベルセット

前回の鍼で一緒に筋トレをやってくださったYさんから、バーベルとダンベルのセットを購入しようと思うのですが、これでいいですか?と製品紹介ページのキャプチャ画面を送ってくださいました。
素晴らしい。こういう質問大歓迎です。
購入しようと思われていたのはアイロテックのダンベルとバーベルの30キロセットです。
今楽天で10442円送料込みで販売されていますね。
これがあるとかなり長く効果的なトレーニングができます。

バーベルのシャフト(バーの部分)の長さが160センチ180センチ2メートルの中から選べるようになっているのですが、どれを買ったらいいですか?ということだったのですが、オデオンにおいてあるのが180センチです。
もし部屋に余裕があるなら180センチ、なければ160センチでいいと思います。160センチでもなんら困ることなくトレーニングができます。
将来パワーラック(バーベルをかけられるようになっているもの)を導入されるなら180か2メートルの2択なのですが、パワーラックを導入されるケースはまずないと思いますので160か180でよいですよ。
長いとぶつけやすくなりますし。

Yさんは定期的に鍼で身体のメンテナンスをしてくださっています。これに筋トレが加われば大きく変わってもらえそうです。今後楽しみです。



◯ 紹介してくださった方とこれから来てくださる方。


最後の枠の方に鍼をしている時に、どなたか来られました。
待合室に顔を出してみると、定期的に鍼にきてくださっておられるmさんと、もう一人おられます。
mさんは治療手段がなくて困っておられる方の話を聞いてうちの鍼ならなんとかなるかとオデオンの鍼を紹介してくださったのですが、場所を間違えてはいけないと前日にその方を連れてきてくださったのです。
なんとありがたい。
オデオンはほぼ紹介だけで成り立っていますが、mさんのようにわざわざ紹介した方を連れてきてくださる方が少なくありません。
あらかじめ鍼のことを話してくださったり、わざわざ連れてきてくださったりしてくださる方のおかげで、初回から治療において最も大事な信頼関係を築きやすくそしてスムーズに治療に入っていくことができるわけです。
ありがたいことです。


◯ ありがとうございます!

鍼に来てくださったhさんから出産祝いに手作りのブリザーブドフラワーをいただきました。

PC060581.jpeg

こういうのどうやったら作れるんだろう?本当にすごいなぁと思います。
うちの娘は本当によく笑ってくれるごきげんさんなのですが、もしかしたらたくさんの方に祝っていただいてるのを感じているのかもしれません。
お花、大事にします。ありがとうございます!









2016/11/20

◯ 効果的なトレーニング


待合室でたくさんの方にトレーニングをしていただいています。
最初は鍛えるというよりもやり方を覚えてもらうという感じなのですが、昨日来ていただいたIさんには短時間でトレーニングできる追い込む感じを覚えていただくために少し負荷を強くしてやっていただきました。
ウォーミングアップを少ない回数、そしてインターバルを置いてもう少し回数を増やす。
さらに回数を増やして限界まで。
重量を減らして限界まで。
さらに重量を減らして限界まで。

という感じです。

この間時間にして10分ちょっと。

これで確実に目的の筋肉は鍛えられています。


みなさんトレーニングをしても大抵は負荷が足らなくて効果が出るところまではいってません。
そしてこの追い込む感じを自分でつかむのはなかなか難しい。

オデオンでは待合室で実際位やってもらってその感覚をつかんでもらおうと考えています。

非力な方でも大丈夫ですよ。


2016/11/19




手元に置いてよく読み返しています。いわゆる座右の書というやつです。
筋トレと瞑想とストレッチの3つは幸福度を上げる最高セットだと確信しているのですが、この本は筋トレのモチベーションを上げるのによいですよ。特に悩める女性に必須です。

p43

「悩んだ時には筋トレってアホか?一時的に気分はスッキリするかもするかもしれないけど悩みの根源は断てない」って思うじゃないですか?違うんですよ。ほとんどの悩みは根源なんてない気分的な問題なんですよ筋トレをするとテストステロンを中心としたいろんなホルモンが総動員して分泌されそれに気づかせてくれる。

p55

「筋トレしたら太くなっちゃうからダイエットは別の方法で」とか言っちゃってるそこの麗しき乙女!君の大好きなミランダ・カーだってジェシカ・アルバムだってハードに筋トレしているよ。ハリウッドセレブに大人気のダイエット専門トレーナーは大抵ボディビル出身の筋トレオタクだ。信じろ。筋トレしかない。

p84

自己啓発セミナーに行ってる場合じゃないですよ。思考や態度はそうは簡単に変えられない。筋トレして身体を変えてみよう。器が変われば自然と中身も変わってくる。自己啓発系のセミナーが安い内装リフォームだとしたら筋トレは建て替え新築だ。

筋トレで人生が変わる

は大袈裟でもなんでもない。真実だ。



引用おしまい。



日々筋トレ、そして凹むことがあったらさらにハードに筋トレ。
これ、まさに最強のソリューションです。
これに瞑想とストレッチ(ヨガ最高)が加わったら勝手に幸福度があがっていって大変なことになりますねー。



2016/11/12




良いですよこの本。

トレーニングをしている時にどこが鍛えられているか直感的に理解できます。


自重トレーニングもありますが、主にダンベルやバーベルのウエイトを使ったトレーニングや、ジムにあるマシンを使ったトレーニングが中心となっています。

オデオンの待合室にあるのでよかったら見てみてください。



書店に行ってトレーニングの書籍を見てみると、割合としては自重トレーニング(重りやマシンを使わないトレーニング)が圧倒的に多いですね。手軽に取り組めると言う意味ではとてもよいと思います。

ただ、僕自身は自重トレーニングは散々やって着たのですが、ダンベルやバーベルなどの器具をつかったトレーニングに比べると効率良くないなぁと感じています。

それは、自重、つまり自分の体重がそのまま負荷になるわけですが、トレーニングをして筋力が増えたとしても体重を増やさないかぎり負荷が増えることはありません。回数だけで負荷をコントロールすることになります。

例えば太り気味の人はどうでしょうか?体重が不可になるので体重分の強い負荷がいきなりかかってしまうことになります。これでは嫌になって当然ですよね。


その点、ウエイトトレーニングは、筋力がついていけばウエイトを少しずつ増やしていけば負荷を増やせるので、重量と回数の両方でコントロールすることができます。

つまり短時間で効果を出していこうとするとそのほうが効率がいいんですね。



間違いなく最初は少しの重量しかあつかえません。でもそれでいいんです。
きちんとやっていくと、必ず重量を増やしていくことができます。そしてそれがそのまま自信につながっていきます。



今、待合室を簡単なトレーニングができるように改装中です。

興味のある方は一緒にやっていきましょうね。


僕はこれまでを振り返ってみてなんとなく調子がでない時は筋トレをサボっていた時でした。
楽しい状態を維持するのには筋トレは必須だと考えています。

ひとまわり筋肉がつくと世界が変わりますよ。

2016/11/03

◯ 最速最強のファーストフード

育児に忙しい妻に、お弁当よろしくねー、なんてとても言えないので、自分で用意することにしています。
これまではチビくろちゃんでご飯を炊いたり、真空低温調理とかいろいろやっていたのですが、最近の定番は、そばがき。もうこれを知ってしまうと楽すぎて他に手を出す気にはなれません。
早い、安い、うまいが揃っています。

アマゾンでちゃんとした日本さんの業務用のそば粉がものすごく安くで売っているのですが、それを使うと一食分がものすごく安くなるんです。

そば粉を丼に入れて、お湯を入れてかき回すだけ。いい感じに粘度が出て来たらお醤油をかけておしまい。
あっという間にできてしまいます。

これの利点はいろいろあるのですが、ひとつは、たくさん食べても食後眠くならないんですね。

うちの場合は昼間だいたい予約が入っていて、仕事の合間にささっとご飯をいただくのですが、消化器系に負担がかかりそうなものは食後眠くなります。白米とかは血糖値の上昇が急激なのでてきめんですね。

このインスタントそばがきは、全く眠くならないので集中力が落ちなくて重宝しています。

そして最近は、このインスタントそばがきをさらにバージョンアップさせてまして、そば粉に発芽玄米粉を混ぜています。

玄米粉や発芽玄米粉は難病の治療で有名な西式甲田療法でおなじみですが、最強の健康食品とされています。
僕は玄米粉だけだと味気なくて嫌なのですが、そば粉にまぜるとこれが美味しいんです。

玄米粉や発芽玄米粉で体が疲れにくくなったり病気を治したい例はたくさんあるので興味がある方は、西式甲田療法や玄米粉で検索してみて下さい。書籍もたくさんでてますよ。

発芽玄米粉の作り方は、

1 無農薬または減農薬の玄米を一晩浸水させて発芽させる。(うちは高島の横井さんのお米を使っています)

2 完全に乾燥させる。(僕はザルに入れて布団乾燥機使ってます、笑、あっという間に乾燥しますよ)

3 ミルサーで粉砕する。


の3ステップです。

面倒かもしれないですけどミルサーにかけるのは食べる直前の方がよいと思いますよ。


3食のうちの一食をこれに変えるだけで結構疲れにくくなります。ダイエットにもいいんじゃないかな?


というわけで当分はお昼の定番になっていきそうです。





2016/08/23

バランスボールでお仕事

前回のブログにもバランスボールのことを書きましたが、今日届いたので早速使い始めています。

結論から言うととっても気に入りました。

バランスをとるために気を取られて集中できないかなぁと思っていたのですが、全然大丈夫でした。
集中してデスクワークもできます。


そして特に気に入ったのが、背筋を伸ばした姿勢を椅子よりもしやすいんです。
適正なサイズ、(僕の場合は大柄なので75センチ)のバランスボールに、微調整しながら空気圧を調整してしっくりくる大きさを見つけたら本当に座りやすいんです。

あと、僕は去年集中してパソコン仕事を長時間した時に痔になっちゃったのですが(今はすっかり治りましたが)、バランスボールだと痔になりそうな気がしません。

ということでしばらくこれを続けていくことにします。

鍼灸師のいずみ先生に、バランスボール職場で使ってみますか?と聞いたら、私はいいですと言われました(笑)
スタッフのまほさんは、すでにバランスボールを持ち込んでいますが、椅子と使い分けをしています。
合う合わないがあるのかもしれませんねー。

でもバランスボール自体は椅子に比べて安いので、デスクワークの腰痛に悩まされておられる方は試してみるのもありかもしれませんねー。

教えてくださったNさん、ありがとうございました。
プロフィール

ODEON

Author:ODEON
滋賀県の南草津で
はり・リラクセーション ODEON
というお店をやっています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク